レンタルフィールド |予約ができる!会員制キャンプ場ポータルサイト|完全貸切の[マイキャンプ]
まるごとスペースレンタルのマイキャンプ

ブッシュクラフトを楽しむ。会員制プライベートキャンプ場のポータルサイト
 
レンタルフィールド マイキャンプの楽しみ方 メンバー募集 今すぐ予約!
 
▶レンタルフィールド
 
 
 
 
 

【こじんまりした小高い森のキャンプ】
TOTSUKA YOKOHAMA
神奈川県横浜市戸塚区
 
【こじんまりした小高い森のキャンプ】は、木漏れ日が気持ちいいこの施設は、横浜という便利な立地にありながら、プライバシーが保てる空間です。小高い山の上にありますが、周りを木々が覆っているため、ここだけが独立した空間になっています。そして、この場所は「下永谷市民の森」まで歩いて4分ほどの距離にあります。「下永谷市民の森」は、プチ大自然。横浜にいることを忘れてしまうような自然あふれる景色に触れることができますが、こちらは公共の公園です。トイレや水道はありますが、当然ながらキャンプはできません。プライベートキャンプができる横浜戸塚の施設。わざわざ遠方にまで出かけなくても、工夫次第で十分に楽しめるポテンシャルがここにあります。
 
舞岡バス停より800m/徒歩8分
JR線「戸塚」駅より2.3㎞/徒歩18分
横浜市営地下鉄ブルーライン(1号線)「舞岡」駅より1.5km/徒歩19分
→詳しくはこちら
 
 
 

【静寂の森でノスタルジックキャンプ】
KAMIYAMAGUCHI HAYAMA
神奈川県三浦郡葉山町
 

【静寂の森でノスタルジックキャンプ】は、セレブの地「葉山」のキャンプ施設。葉山町は海あり山ありの自然豊かな場所。葉山~横須賀にかけて広がるこのエリアは、未だ手つかずの自然が残る「三浦アルプス」と呼ばれ大自然が広がっています。登山ルートややハイキングコースになっていて、マイキャンプの施設は、大正2年に宮内省が買い上げて御用邸の水源として利用した場所の近くにあります。このあたりは、どこを向いても山あいの里といった風情です。茅葺き屋根や小鳥のさえずりが似合うのどかな桃源郷と言えるエリアです。近くには葉山牛の石井牧場や石井養蜂所などがあります。かつての御用邸の名水も、今は飲料禁止となっていますが、落ち着いた町並みを豊かな自然が包み込んでいるのは圧巻です。一度はお越しいただきたい場所です。

 
水源地入口バス停より750m/10分
黄金坂橋バス停より550m/徒歩7分
横浜横須賀道路「逗子IC」より7.0㎞/クルマ12分
→詳しくはこちら
 
 
 

【東京湾を見下ろす絶景キャンプ】
KANEDA MIURA
神奈川県三浦市南下浦郡南下浦町金田
 

【東京湾を見下ろす絶景キャンプ】は、は、東京湾が一望できる素敵な場所。金田漁港を見下ろす高台にあります。テントを設置したら、テント内に横になって海を眺めながめることができます。焚火スペースは周りを仲間で囲んでまったりできます。東京湾が一望できますし、横須賀の夜景も絶品です。三浦半島は、夏は比較的涼しく、冬でも温暖で過ごしやすい気候が特徴。温暖な海洋性気候で、冬場も無霜地帯です。 データ上でも東京と比べて、夏は1℃涼しく、冬は2℃近く暖かいエリア。 東京で雪が降っていても三浦では降らないということも多くあります。キャンパーならぜひ一度本格的なアウトドアの醍醐味を味わってください。家族連れなら近くの三浦海岸で海水浴もお勧めです。軽くらいのサイズなら現地まで車が乗り入れできます。気軽にワイルドなキャンプをお楽しみいただくことがでます。
 
鋒バス停より100m/徒歩2分
三浦海岸駅より4.2km/徒歩52分
→詳しくはこちら
 
 
 

逗子海軍の山をひとりじめキャンプ
YAMANONE ZUSHI
神奈川県逗子市山の根
 

【逗子海軍の山をひとりじめキャンプ】は、もともとは日本海軍が使用していた山にあります。現在では山の頂きから南側に広がるプライベートキャンプ施設になっています。眼下には住宅地を望むロケーションは、このあたりの津波避難路からアクセスできます。このあたりでは一番海抜が高い山ですが、専用駐車場から歩いて約10分で現地に到達できます。現地の北側には、「池子の森自然公園」があります。「池子の森」は、旧日本帝国海軍の弾薬庫として使用されてきましたが、戦後GHQに接収され、引き続き米海軍が使用してきたことから、戦後ほとんど人の手が入らず貴重な自然が残されてきた特別なエリアです。現在では、貴重な自然が残されていることで知られていますが、現在も米軍との共同使用地になっており、入園が厳しく制限されています。プライベートキャンプ施設から公園までは、そのまま森が続いていますが、公園側にはむやみやたらに立ち入らないでください。米軍関係者でない限り、一般人は命の保証はされません。もちろん、マイキャンプも一切責任は負いません。専用駐車場は住宅地にありますが、駐車場の管理人さんに一声かけてからご利用ください。車やバイク、電車でも、わりと気軽に行けるおすすめ施設です。
 
 
JR横須賀線「逗子駅」より1.1km/徒歩15分
横浜横須賀道路「逗子IC」より12.8㎞/クルマ20分
→詳しくはこちら
 
 
 

【ハイキングトレイルキャンプ】
SHONANTAKATORI YOKOSUKA
神奈川県横須賀市湘南鷹取
 

【ハイキングトレイルキャンプ】は、気軽に歩けるハイキングコースの傍らで小規模キャンプが楽しめます。横須賀市と逗子市にまたがる鷹取山ハイキングコースは、JRと京急線に囲まれた場所に位置していて、アクセスも便利。鷹取山の山頂まで歩けば、そこはロッククライミングのスポットしても有名。100mの低山ながら、山頂から東京湾と富士山を眺めることが出来ます。高さ約8m、幅約4mにもなる巨大な弥勒菩薩像もそびえるこの観光名所は、一度訪れてみる価値ありです。気持ちのいい風が吹き抜けるこのエリアは、手軽に行けて、ひとりになれる場所。住宅街の中にひっそりとした所にある登山口に入ると、四季折々の自然が楽しめる散策道が広がっています。
 
京浜急行電鉄本線「京急田浦」駅より1.6km/徒歩22分
京浜急行電鉄本線「追浜」駅よりたかとりセンター行バス
京急バス「湘南たかとり3丁目」バス停から210m/徒歩2分
→詳しくはこちら
 
 
 

【文化に触れるヨガと瞑想キャンプ】
TAKEYAMA YOKOSUKA
神奈川県横須賀市武山
 

【文化に触れるヨガと瞑想キャンプ】は、武山(たけやま)とは、横須賀市南部に位置する海抜206.1mの山。三浦半島中央部に位置する三浦丘陵の一角をなしていて、手軽に登れるハイキングコースが整備されています。キャンプフィールドは、斜面になっていて、秘密基地気分で森にこもる感覚で楽しめるスペースになっています。武山不動院境内でもある山頂には展望台と休憩所、トイレが設置されていて、展望台からは絶景が堪能できます。東京湾と房総半島、三浦半島の先端のその先には伊豆大島、相模湾を隔てて伊豆半島、そして感動的な富士の秀嶺に目を奪われます。付近には2千本以上のツツジが植わっており、毎年5月頃に見頃を迎えます。参道に露天商が並んで大賑わいとなります。この武山全体が霊山として災害を除き財宝を得る功徳があると言われている場所です。山頂には不動院持経寺があり、不動尊像が安置されており、毎年1月28日の『初不動』は、年に一度不動明王がご開帳されます。不動明王は、元々はインド神話の三大神の一人であるシヴァ神の別名とされています。ヨガを嗜む方なら、ぜひ一度ステイしてみてはいかがでしょうか。山頂でなくても近くに 武山地区・三浦縦貫道路の夜景が見渡せる展望台もあります。南側から登る場合は京急久里浜線津久井浜駅より徒歩60分ほど。西側からは横須賀駅・横須賀中央駅より京急バス線一騎塚バス停下車、徒歩40分ほど。気軽にハイキングを楽しみながら、ステイしてみるというのもいいですね。
 
三崎街道「林交差点」より2.4km/クルマ9分
一騎塚バス停より2km/徒歩26分
→詳しくはこちら
 
 
 

【ポツンと原生林キャンプ】
KOYABE YOKOSUKA
神奈川県横須賀市小矢部
 

横須賀衣笠の住宅街にぽつんとそびえた小高い山にあります。まさに原生林の森といった感じのキャンプサイトです。大木がそびえたち、倒木もそのまま横たわっていますので、きれいに区画整理された既存のキャンプ場とは一線を画するフィーリングです。住宅街にありながら、周りの生活臭が気にならないのもいい感じです。スペースはかなり広いので自由に遊べます。JR横須賀線の「衣笠駅」から徒歩で10分くらいの場所にありますので、都内からも便利です。何かと混雑する湘南エリアを避けて、仲間同士で手ぶらでキャンプするにはおすすめの場所です。なぜかゆったりまったりできてしまうこの山は、とても落ち着くいい雰囲気が特徴です。もともと大型高層マンション計画が地元住民の反対によって阻止されて現在に至るまで放置されていた珍しい場所。弊社スタッフは、この場所の空気感がいいと絶賛しており、プライベートで何度かソロキャンプを楽しんでいるとのことでした。夏場もいいですが、秋冬のキャンプにも最適だそうです。
 
衣笠十字路バス停より600m/徒歩7分
衣笠駅より1.0km/徒歩13分
→詳しくはこちら
 
 
 

【駅近便利なしっとりキャンプ】
TAURA YOKOSUKA
神奈川県横須賀市田浦
 

【駅近便利なしっとりキャンプ】は、駅から近くて便利な場所にあるプライベートキャンプサイトです。JR「田浦」駅を降りたら、徒歩たったの5分もかからずに現地に到着します。途中上りの階段はありますが、汗が噴き出すようなレベルではなく、「ちょいちょい」と言ったところです。もともとは自然林ですから、ここでは、ブッシュクラフトや野営がお楽しみいただけます。北向き斜面ですので、日陰から木漏れ日がさすような感じです。山頂に上ると見晴らしがさっと開けます。眺めのいい場所や陰にこもるようなしっとり落ち着いた空気間の場所まで、施設内によっても場所によって特徴があります。まったりのんびりと過ごすにはお勧めだと思います。
 
JR横須賀線「田浦」駅より150m/徒歩5分
 
→詳しくはこちら
 
 
 

【ブッシュクラフトワイルドキャンプ】
OISO SEISHO
神奈川県中郡大磯町
 

【ブッシュクラフトワイルドキャンプ】は、首都圏近郊で本格的なブッシュクラフトが楽しめる貴重な場所です。JR線の大磯駅から、そのまま徒歩でたどり着けるのもとても便利です。大磯の高級住宅地の先にある場所ですが、ハイキングを兼ねて「正一位永室助稲荷神社」をまず目指すルートがおすすめです。江ノ島までを一望する湘南の絶景を眺めながら歩けます。「稲荷」を過ぎてそのまま頂上に向かうハイキングコースの左手に広がる場所が、ブッシュクラフトの聖地になります。斜面の中でなるべく平たい場所を探してテントを設置すれば、そこはもう自分だけのエリア。静かで生活音の聞こえてこないその場所には、誰も入ってくることはありません。
 
西湘バイパス「大磯東IC」より2.5km/クルマ10分
JR東海道線「大磯」駅より1.0㎞/徒歩15分
→詳しくはこちら
 
 
 

【渓流釣りと森のキャンプ】
HAYAKAWA ODAWARA
神奈川県小田原市早川
 

【渓流釣りと森のキャンプ】は、小田原市早川エリアにあります。相模湾と箱根の山々が交差する海と山が近いエリアです。JR東海道線の早川駅は、隣駅の小田原駅まで約3分でアクセスでき、小田急小田原線・新幹線へ乗り換えができます。また熱海駅へは乗り換えなしで20分ほどで行くことができます。早川港が近くにあるため、採れたての新鮮な魚介類を食べることができます。JRの駅で日本で一番港に近い駅として知られています。西湘バイパスが近くにあるため車移動も良好。電車でも車でも便利なエリアです。すぐそばの早川でも釣りが楽しめますし、そこから一本道をあがってたどり着く杉林の中でひっそりと静かにキャンプを楽しむのはオツなものです。フラットが続くこの林は、荒々しくなくゆったりできる感じがあります。日によっては靄に包まれるのもなんとも幻想的な雰囲気を醸し出しています。
 
国道1号線「地球博物館前」より1.2km/クルマ4分
箱根登山電車「入生田駅」より1.4km/23分
→詳しくはこちら
 
 
 

川を覗き込む断崖絶壁のキャンプ
IRYUDA ODAWARA
神奈川県小田原市入生田No,1
 

【川を覗き込む断崖絶壁のキャンプ】は、小田原市入生田エリアにあります。入生田は箱根登山電車の駅です。周辺には神奈川県立生命の星・地球博物館や神奈川県温泉地学研究所など研究・展示施設のほか、展望の良い石垣山一夜城歴史公園があります。車でもアクセスできるこの施設は、そこから下方向に下がっていきます。この施設の眼下には清流が流れ、せせらぎの音が聞こえます。途中平坦な場所もありますが、さらに下方は徐々に絶壁となっていきます。ただ川の流れがより近くなり、キャンプの臨場感が同時に増してくるのも確かです。素人さんにはなかなか手ごわい断崖絶壁キャンプは上級者向け施設です。ハンモックテントを用意して誰も近寄ってこない場所で自然を独り占めできてしまうのも、またここの魅力です。
 
国道1号線「地球博物館前」より1.5km/クルマ5分
箱根登山電車「入生田駅」より1.2km/22分
→詳しくはこちら
 
 
 

4WDでたどり着く?ブッシュキャンプ
IRYUDA ODAWARA
神奈川県小田原市入生田No,2
 

【4WDでたどり着く?ブッシュキャンプ】は、小田原市入生田エリアにあります。クルマで曲がりくねったワインディングを超えてたどり着く先に広がるのは、平坦で使いやすそうなキャンプフィールド。山頂付近に広がるこのキャンプサイトは静かで他に聞こえるものは鶏のさえずりぐらいなもの。別天地ではまさに自分スタイルのキャンプが思う存分お楽しみいただけます。もちろんハイキングのつもりがあるなら、電車プラス徒歩でもOK。フラットに広がるフィールドの向こうには竹やぶが見えて昔ながらの日本の空気感も感じられます。さらにその先には、木々の間から遠くにかすんだ中に山々が見えて、如何にもここが静かな山中であるかを教えてくれます。電車でもクルマでも便利な入生田のこの施設は、オーソドックスなキャンプをしたい方にはおすすめの施設です。
 
国道1号線「地球博物館前」より2.0km/クルマ8分
箱根登山電車「入生田駅」より2.0km/徒歩30分
→詳しくはこちら
 
 
 

【小川のせせらぎと杉林のキャンプ】
IRYUDA ODAWARA
神奈川県小田原市入生田No,3
 

【小川のせせらぎと杉林のキャンプ】は、小田原市入生田エリアにあります。入生田と言えば雄眼なのが、長興山 紹太寺のしだれ桜。春の季節限定にはなりますが、堂々たる老木のしだれ桜は、まさに誰もが想像する山の中の桜。この寺には、稲葉一族、春日局の墓や鉄牛和尚の寿塔もある観光名所です。さらに北条雅子がなき頼朝を偲んだ釈迦牟尼仏や北条雅子自身の位牌やまであるようで、歴史的にもかなり有名な場所です。ここまでで、最寄り駅から距離は1キロちょっとですから、一般の観光客も訪れるエリアです。キャンプ施設は、ここからもう少し山を登った場所になります。もちろん、クルマでのアクセスも可能な場所にあり、舗装された道を上まで進んだ突き当りにあります。そこには、穏やかな雰囲気が広がっていて、小川がせせらぎ、里山のような環境があります。ここは水が流れているせいか、空気がさわやかで全くよどんだ感じがありません。とても長閑でほっとできる場所です。小川の隣には杉林が広がり、その上は竹林になっています。さあここで、ゆっくり自分スタイルの野営を楽しんでみてはいかがでしょうか?
 
国道1号線「地球博物館前」より1.3km/クルマ5分
箱根登山電車「入生田駅」より1.3km/徒歩26分
→詳しくはこちら
 
 
 

【小田原箱根の眺望トレッキングキャンプ】
HAYAKAWA ODAWARA
神奈川県小田原市入生田No,4
 

【小田原箱根の眺望トレッキングキャンプ】は、小田原市入生田と箱根町塔之澤の境目あたりにあります。原生林の中をトレッキングして「 塔の峯城跡」あたりのエリアです。ここにたどり着くまでのトレッキングコースはきれいに整備されていて、近くにクルマを停めてからのんびりとハイキングを15分くらいすると到着します。林道から尾根を登りながら城跡あたりでは絶景を目にすることができます。「塔の峯城」は、築城時期は定かではないようですが、大森氏、北条氏の街道監視の城であったようです。天正十八年(1590年)、豊臣秀吉の小田原城攻めの際に落城しました。山頂付近にあるためか、さわやかな風が吹き抜けて気持ちのいい場所です。気持ち悪さは全くなく、これぞまさにブッシュクラフトと言った感じの本格的なキャンプができます。小田原厚木道路「荻窪インター」から「いこいの森」方面へと西進し、いこいの森の南側を西進し、久野霊園の約300m南を通って久野林道を進みます。林道を3km程進んだ右カーブ手前の道路左手に塔ノ峰の案内があるので、ここから登ります(塔ノ峰山頂から西へ約600m)。登城口付近に駐車スペースがあります。
 
西湘バイパス「箱根口IC」より9.7km/クルマ17分
 
→詳しくはこちら
 
 
 

【滝が流れるリバーサイドキャンプ】
SUKUMOGAWA HAKONE
神奈川県足柄下郡箱根町須雲川
 

【滝が流れるリバーサイドキャンプ】は、箱根新道「須雲川IC]を降りてすぐの場所にあります。4 つ星ホテル「はつはな」のすぐそばですので、「ホテルはつはな前」バス停もすぐそばにある便利な立地です。須雲川は箱根ジオパークや自然探勝歩道のハイキングでも有名ですが、徒歩圏内に日帰り温泉があるので、お風呂に困ることもありません。そばに流れるのは、須雲川に合流する源流で、箱根の山々の谷筋から集まってきたきれいな水です。釣りも楽しめるかもしれません。キャンプサイトは緩やかな斜面ですが、平坦地も多く、たどり着くまでの道も緩やかなため、ソロでもファミリーでも楽しめそうな感じです。
 
箱根新道「須雲川」ICより1分
箱根旧街道線「ホテルはつはな前」バス停から150m/徒歩1分
→詳しくはこちら
 
 
 


【鉄道を遠くに聞きながらゆったりキャンプ】

OHIRADAI HAKONE
神奈川県足柄下郡箱根町大平台
 

【鉄道を遠くに聞きながらゆったりキャンプ】は、関東を代表する温泉観光地、箱根。観光の足となる箱根登山鉄道のほぼ中間に位置する大平台は、どこか昭和のにおいもする素朴な街並みと、線路沿いを彩る初夏のあじさいが人気のエリア。箱根十七湯のひとつである大平台温泉が湧き、小規模な旅館が点在しているため、にぎやかな観光地より閑静な場所でのんびりしたいという方にはおすすめ。大平台の名物といえば、箱根登山鉄道の赤い電車ですが、施設内にも鉄道の音が響き渡るのがなんとも趣があります。そして、大平台は「蛙の滝」が有名ですが、この場所はまさにその滝の上流に位置しています。広大なスペースは、まさに、プライベートハイキングのように自由に使える空間が広がっていて、四季折々のいろいろな景色を見せてくれます。もちろん、ちょっと歩けば、箱根の街を散策できますから、日帰り温泉も楽しめます。ここでは自分だけのワイルドキャンプが楽しめます。
 
箱根登山鉄道「大平台」駅から1.6km/徒歩20分
箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から桃源台行箱根登山バス
箱根登山バス「出山」バス停から700m/徒歩10分
→詳しくはこちら
 
 
 

【星降る夜景キャンプ】
YAMAKITA ASHIGARA
神奈川県足柄郡山北町
 

【星降る夜景キャンプ】は、山間から小田原の夜景が一望できる数少ないスポット。点在する山々や東名高速を走る車を眼下に見下ろしながら、ゆったりと自然に親しむことができます。いわゆる広場のある区画割のキャンプ場ではなくて、他に誰もいない。誰も来ない場所を占有して、焚き火やちょめちょめを楽しめるのは珍しいと思います。誰もいない山奥に、車を乗りつけて、夜景を見ながら日を起こし、星空の下でのんびりと過ごす時間はいかがでしょうか?有料オプションの双眼鏡や望遠鏡を使って、普段では見ることができない星や夜景や夜の森、風邪にそよぐ植物たちと過ごすのも楽しいですね。早春には梅が咲き乱れます。自然の中で時間を忘れて大切な人と素敵な時間をお過ごしください。東南向きの軽い斜面ですから、日当たりも抜群です。小高い山の上にあるので、近くの駅から歩く場合には、約40分のハイキングが必ずついてきます。車の場合も途中ヘアピンカーブが楽しめる方限定でお願いします。
 
東名高速「大井松田」ICより9.4km/19分
JR御殿場線「山北」駅より2.3㎞/徒歩40分
→詳しくはこちら
 
 
 

【のんびり田舎キャンプ】
NISHIGOMURA FUKUSHIMA
福島県西白河郡西郷村
 

【のんびり田舎キャンプ】は、「まさにこれぞ田舎暮らし!」といった表現がぴったりくる癒される施設です。福島県と言っても、栃木県の那須高原に隣接するエリアですから、凛とした空気が漂うエリアです。東京、仙台の中間、福島県と栃木県境の那須東麓に位置し、東は"白河の関"で有名な白河市、北は"羽鳥湖高原"の岩瀬郡天栄村、西は"大内宿"の南会津郡下郷町、南は"那須高原""御用邸"を擁する栃木県那須郡那須町と接しています。気候は冷涼で年間平均気温は約13度、降雨量は年間約1500ミリメートル。冬場でも積雪はあまりありません。四季折々の自然が豊かなこの場所は、スタッフも一押しです。仕事を辞めて拠点をこちらに移したい妄想に駆り立てられる場所です。やさしい日差しの入る自然林で、小川も流れています。
 
「新白河」駅より7.6km/クルマ14分
「下折口」バス停より2.5㎞/徒歩29分
→詳しくはこちら
 
 
 

【広大な草原キャンプ】
MINAMISOMA FUKUSHIMA
福島県南相馬市小高区
 

【広大な草原キャンプ】は、人間のちっぽけさを痛感させてくれるほどのスケールの大きい施設です。大自然の中にぽつんと身を置くことで、日頃の出来事が何か小さなことであったかのようにも思えてきます。ここに行き着くには、木々の間を5分程度の急斜面を登山する必要がありますが、そこには別天地が広がります。山のはずなのに、そこに広がるい草原は日差しがさんさんと輝き、心地良い風が吹き抜けます。周りを360度木々で囲まれたプライベート空間で、木々の間からはきらめく海が見えます。たまに下のほうから電車のコトコト音がたまに聞こえてきます。常磐線の線路が走っているようです。このあたりには、近くには自然の散策できる林道も広がっています。この一帯には広大な面積の自然林が広がっていて、自然に親しんでワイルドなアクティビティもお楽しみいただけます。自転車があったら最高だと思います。そして、この辺りには古くからの伝説があることは有名な話です。700年前にさかのぼる歴史的にも趣深い観光スポットが多数点在しています。大悲山の石仏は、日本三大摩崖仏の一つに数えられる、東北で最大級の石仏群。一つ一つの石仏は、人が見上げるほどの大きさ。大悲山の大スギは、高さ45m、幹の太さは8mを越える巨木で、樹齢は1000年を超えると言われています。さらに、大悲山大蛇物語公園、阿弥陀堂石仏、薬師前ため池、夫婦大蛇沼、鉄の釘跡などもあります。どういった人たちが作り上げたのか、その歴史は不明だそうです。
 
JR常磐線「桃内駅」から1.9km 徒歩24分
常磐自動車道「浪江IC」8.6km クルマ12分
→詳しくはこちら
 
 
 

【自然の隠れ家ひっそりキャンプ】
MACHIDA TOKYO
東京都町田市
 

【自然の隠れ家ひっそりキャンプ】は、竹林を切り開いた真ん中で、まったりできるプライベートキャンプ場です。町田薬師池公園から国士舘キャンパス方面に向かったエリアにあります。このあたりは静かでのどかな環境です。近隣に住宅もありますが、視界を遮っていますので、あまり気にならないでしょう。騒ぐと問題が起きる可能性がありますので、しっぽりと大人のキャンパー向け。ゆったり静かに過ごす人向けのプライベートキャンプサイトです。東京都内でプライベート野営キャンプが楽しめる珍しいスポットです。町田駅から野津田車庫行(町55)のバスに乗って17分。野津田神社入口で降りて徒歩5分程度の場所にあります。ちょこっと手軽に一人になりたいソロキャンパーにもおすすめです。
 
野津田神社入口バス停より300m/徒歩5分
JR横浜線/小田急線「町田」駅より5.0㎞/徒歩60分
→詳しくはこちら
 
 
 

【冒険秘境キャンプ】
IZUOSHIMA TOKYO
東京都伊豆大島
 

【冒険秘境キャンプ】は、まさに冒険アドベンチャーのための施設です。野生動物たちもあちらこちらにいます。伊豆大島(いずおおしま)は、日本の伊豆諸島北部に位置する伊豆諸島最大の島。「海洋性気候」のため、都心よりも夏は涼しく、冬は暖かいです。夏は都心のようなコンクリートの照り返しがなく風もあるため、涼しく感じられます。「太平洋の離島 = 南の島」というイメージがあるかもしれませんが、冬はそれなりに寒くなり、島のシンボル・三原山も年に一度ほど冠雪することがあります。本州で最も近い伊豆半島からは南東方約25kmに位置しています。面積は91.06km2。行政区域は、東京都大島町。人口は2020年3月時点で6125人。そのうち2,446人が西部の元町地区に居住して最大の集落を成しています。名物はツバキで、椿油が特産品。島の97%が富士箱根伊豆国立公園に指定されている島。 2010年「活火山三原山の活動を通して、自然と大地の関わりを楽しく学ぶことのできる場所」として、関東地方では初めて日本ジオパークに認定されました。 火山活動が生み出した様々な自然の光景が目を楽しませてくれます。 ここでは、本格的なブッシュクラフト、キャンプを完全プライベート空間で楽しめます。伊豆大島は、場所によって気のいい場所とそうでない場所があります。そういった意味でも、いくつかの既存キャンプ場はちょっと・・・もっと秘境で冒険をしたいという方に、ぜひおすすめしたい施設です。
 
浜松町竹芝桟橋からフェリーまたはジェットフォイル(水中翼船)22時出発~朝6時頃
熱海からジェットフォイル(水中翼船)
調布飛行場からプロペラ機で25分
→詳しくはこちら
 
 
 
 
 
 

 

・ご自身のキャンプギアを持ち込んでいただくスタイルです。

・基本的に電気ガス水道などのインフラ設備はありません。
・何をしてもいいですが、全て自己責任でお願いします。

・それぞれ大きさは異なりますが、全て完全貸し切りです。

・商用利用でもパーティでもご自由にお使いください。
・近隣からクレームをもらうようなことはお止めください。
・又貸しはできません。ご利用時にIDをご提出ください。
 

 
 
 
【こじんまりした小高い森のキャンプ】 【静寂の森でノスタルジックキャンプ】 【東京湾を見下ろす絶景キャンプ】
神奈川県横浜市戸塚区 神奈川県三浦郡葉山町 神奈川県南下浦郡南下浦町金田
     
逗子海軍の山をひとりじめキャンプ 【ハイキングトレイルキャンプ】 【文化に触れるヨガと瞑想キャンプ】
神奈川県逗子市山の根 神奈川県横須賀市湘南鷹取 神奈川県横須賀市武山
     
【ポツンと原生林キャンプ】 【駅近便利なしっとりキャンプ】 【ブッシュクラフトワイルドキャンプ】
神奈川県横須賀市小矢部 神奈川県横須賀市田浦 神奈川県中郡大磯町
     
【渓流釣りと森のキャンプ】 【川を覗き込む断崖絶壁のキャンプ】

【4WDでたどり着く?ブッシュキャンプ】

神奈川県小田原市早川 神奈川県小田原市入生田No,1 神奈川県小田原市入生田No,2
     
【小川のせせらぎと杉林のキャンプ】 【小田原箱根の眺望トレッキングキャンプ】 【滝が流れるリバーサイドキャンプ】
神奈川県小田原市入生田No,3 神奈川県小田原市入生田No,4 神奈川県足柄下郡箱根町須雲川
     
【鉄道を遠くに聞きながらゆったりキャンプ】 【星降る夜景キャンプ】 【のんびり田舎キャンプ】
神奈川県足柄下郡箱根町大平台 神奈川県足柄郡山北町 福島県西白河郡西郷村
     
【広大な草原キャンプ】 【自然の隠れ家ひっそりキャンプ】 【冒険秘境キャンプ】
福島県南相馬市小高区 東京都町田市 東京都伊豆大島
     
 
 
 
 
SISTER RELATIONSHIP WITH THEOUT
OPERATED BY HTD COMPANY LIMITED
PRODUCED BY CRAZY STUPID GENIUS COMPANY LIMITED
SUPPORTED BY PRA INCORPORATED ASSOCIATION NGO
 
一般社団法人 自然共生社会再生機構 PRA